所持する物件を専門の会社に鑑定してもらう

従業員の株購入権とは

ストックオプション評価について

ストックオプション評価については、税制の改正を知ることが非常に大切になります。改正前後の取り扱いで以前の法律はどうだったのか、今後新しい法律はどうなのか、専門的には旧法と新法がどうなっているのか、きちんと検討する必要があります。次に改正が行われる理由についても知る必要があります、なんの理由も無く法律の条文をいじくる事はなく、なんらかの目的があるからです。 そして、いつからどのように適用されるのか、この適用関係は経過措置といわれるものがあります、これに税制の改正の条文が書かれていますので、ストックオプション評価については、これら3つの税制改正である旧法と新法のちがい、または立法趣旨そして経過措置を知ることでメリットが生まれます。

工夫する事で得られるメリット

ストックオプション評価を行うにあたり、ストックオプションの課税関係を理解することから始まります。ストックオプションというのは、従業員さんなどが株を買う権利で新株予約権とも呼ばれています、それを雇用主側が与えます。従業員はストックオプションを持っていますが、会社の業績がアップすると、当然株価は上がってきます、ストックオプション評価というのは株価に関わらず株を買える権利ですので、株価が上がれば上がるほど、ストックオプションを使う事で値が高い株を安い値段で買うことが出来ます。 権利を行使して、株を安く買った時は権利行使益が発生します、これは原則として給与所得になります。この権利行使で取得した株式を売った時には譲渡所得が発生して課税される事になります。ただし適格ストックオプションという税制の特典を受けられるストックオプションもあります、これは権利行使した時には非課税になるのが特徴です。給与で課税されたくない方は非適格を株に変えず、譲渡します、ストックオプションは有価証券で20パーセントの申告分離課税になります、よって総合課税よりも税率が低くなります。