所持する物件を専門の会社に鑑定してもらう

不動産のサブリース

サブリースの今後の動向

サブリースとは不動産の又貸しのことで、転貸を目的とした一括借上げのことを指します。不動産オーナーは必ずしも自分で運用ノウハウを持っている訳ではないため、せっかくマンションを立てたとしても空室が出たり、家賃の滞納が出たりした場合に自身で解決出来ないことが多いです。結果、投資行使が悪くなってしまいます。そこで不動産管理会社にサブリースし、賃料収入の10から20%を支払うことで、賃料収入を保証してもらいます。運用はプロに任せるということですね。 最近はサブリースを物件の建設時より考慮にいれ、不動産管理会社の指定する物件を立てるケースが増えています。管理会社が運用しやすい物件を作り、賃料保証をより確実にするというやり方です。どうせサブリースをやるならばこの方法の方が確実というわけです。

注意すべき点を整理してみる

サブリースをする際に注意しておくべき点があります。 賃料収入の保証は、必ずしも一生続く訳ではないということです。物件が古くなれば当然家賃は見直しされます。また老朽化が進めば修繕費をかけるため、修繕中は家賃を得られないこともあります。 ただこうした注意点はサブリースに限ったことではなく、自分で不動産を管理する場合でも発生することです。物件の魅力がなくなればメンテナンスが必要という訳です。 過度にサブリースの簡便さに甘えては行けませんが、運用のプロに任せることでどのタイミングでコストを掛けて修繕すべきか、周囲の不動産に負けないようにするために、どのタイミングでどのくらいの家賃に調整すべきかも、外部に委託できると考えれば、十分なメリットでしょう。