所持する物件を専門の会社に鑑定してもらう

収益物件の査定

相続とともに収益物件を手放す

不動産オーナーの身にもいついかなることが起こるかはわかりません。 マンションやアパートなどの収益物件を所有しているオーナーに万が一のことがあった場合、その物件も相続の対象となってきます。 速やかに残された親族の間で遺産分割が行湧得ることになりますが、収益物件はそのままの状態では分割することができません。 他に現金をはじめとした金融資産が多数あればそれらを含めて親族で分割を検討することも可能でしょう。 しかし資産価値のある収益物件を売却して現金にしなければ、遺産分割のはかどらない場合もあります。 そのような時にはできるだけ高い価格で収益物件を買取してもらえるように業者に査定をしてもらうことからはじめたいものです。

相続人に資産の分割をする

収益物件の建設はかなり大がかりなことです。 一度にまとまった資金を必要とするだけに金融機関から融資を受けている場合がほとんどです。 相続などで収益物件を業者に買取をしてもらいたいと思っても、まだ融資の残高がかなり残っていることも多いものです。 そのような場合でも収益物件の買取は可能となります。 ただ融資の残高を買取価格から相殺されるので、残される金額はそれほど多くはならないかもしれません。 仮に収益物件のオーナーが死去すれば、その後の在り方を速やかに決めなければなりません。 物件を業者に買取してもらうという選択も当然出てくるはずなので、そのような場合にはなるべく高く買取がされるように時間をかけて交渉を重ねたいものです。